南大阪のローカル単線電車にファッショントレンド発信地の一端を垣間見た?!

泉州地域では自動車移動の方が多いですけども、たまに電車に乗る事もあるのです。

年始のご挨拶に行くのに、たまに乗る電車を乗り継ぐのですが、まずは水間線に乗り込む。

水間線(水間鉄道水間線)とは・・・

〇大阪府民→多くの方は知らない

〇南大阪住民→名前だけは知ってる

〇貝塚市民→たまに乗るよ

〇沿線市民→毎日通勤で使ってるよ

〇ご年配→毎年初詣で乗るのじゃ

 ちなみに大晦日は終夜運転、すなわち31日始発から1日の終電までずっと運転してます。(水間鉄道さんお疲れ様でした。)

まあ、なんというか地域密着型ローカル単線という感じでしょうか。

(あくまで個人的感想ですので、関係者の方はお気を悪くしないでください)

それでシートに座り、吊広告に目をやり

初詣に一社一寺ねぇ、昔こんな事言ってたかな?

と考えながら吊革に目をやると

ショッピング…お食事…喫茶…

今はなきシェルピア(南海線貝塚駅近くにあるショッピングセンター(現在閉鎖中))の事か

ん?ちがうな、109って書いてる?シェルピアには109の関係する店舗があったのかな?

109の下に小さく何か書かれてるな…乱視で近づかないと見えない。

SHIBUYA→シブヤ→渋谷…渋谷109?!

なぜこんなところに外国人も観光に訪れるという、ファッショントレンド発信地の広告が?と戸惑いながら電車を降りました。

後で調べてみると、東急の1000形車両?を譲り受けた名残の様です。

これはプチ発見だ!と思ってましたが、鉄道マニアの方には知られていて、見るべきポイントの様でした。

ご乗車の際には見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

リンク集ページ追加